費用をかけても任意整理する方が得【経験豊富な弁護士に相談】

貸金業者から和解の提案

バッジ

まずは弁護士に相談を

貸金業者からの借金を長期に延滞をしていると、ある日突然通常の督促状ではなく、貸金業者側から和解の提案なる書類が送られてくることがあります。その和解の内容というのが、減額和解、利息免除での一括返済、分割で利息免除での和解など、延滞している債務者の状況に合わせた和解提案文書が届くことがあります。普通、利息免除や減額の要求は延滞している債務者の方からお願いするものでありますが、それを貸金業者の方から提案してくることがあるのです。期限まで連絡をくれれば、有利な条件で返済をすることができ、その期限を過ぎてしまうと場合によっては法的手段を使わざる得ないというものです。延滞をしている人にとっては、有利な条件で返済できるならと連絡してしまいそうですが、なぜこのような文書を送ってくるのかです。その理由としてあるのが、自己破産をされてしまうと元金すら回収できないので、利息は免除してでも元金くらいは回収したいですからこのような提案をします。その他にも消滅時効の援用を防ぐ目的もあります。では、貸金業者のこの提案にのってしまってもいいのかとなりますが、本来なら自分で任意整理を弁護士に頼んで行わないといけないことですが、その費用が浮きます。もちろん減額や利息免除の提案があるなら違法なことではないので応じてもよいです。費用がかからず任意整理できることになります。しかし、本当に減額提案に応じたほうがいいのかはやはり専門家を通した方がよいです。相談だけなら費用無料でにのってくれる事務所もあります。弁護士に提案書を見せることで、実は任意整理をしたほうが貸金業者の提案よりもさらに減らせることもあります。まずは、提案書がきたらすぐにでも弁護士に相談することです。費用はかかっても任意整理を弁護士経由でしたほうが有利な場合もあります。