費用をかけても任意整理する方が得【経験豊富な弁護士に相談】

男性

法的手段を使わず交渉

法的手段を使わず借金問題を解決する手続きが任意整理です。借金額を減額、将来利息や遅延損害金のカットができ手続きも数ヶ月で終わるので、手軽にできる手続きです。ただし、経過利息までカットしてもらえるかは交渉次第になるので、費用はかかりますが弁護士に依頼した方が良いです。

ジャッジガベル

一人でもできますが

自分一人でも任意整理は行うことができます。費用をかけたくないなら自分でやってもいいのですが、実際に減額や利息カットを要求してくれるかどうかは交渉力次第です。個人相手だと交渉に応じない、長引くこともあります。専門家に依頼した方が手続きをスムーズに進められます。

本

一旦返済をストップさせる

任意整理を費用をかけたくないから、自分一人で手続きをすると、貸金業者は相手にしてくれなかったり強気の対応に出てくることがあります。交渉がなかなかうまくいかない、長引くのも嫌だから業者の提案をのんでしまうと不利な条件で和解させられることもあります。専門家に依頼することで有利に手続きをすすめてくれます。

電卓

弁護士選びが重要

任意整理を弁護士に依頼するなら費用を心配してしまいます。安いからといって個人の弁護士事務所に依頼しても任意整理は交渉力がものをいう手続きです。大手の方が相談実績も多く貸金業者に対する情報も豊富にもっています。

バッジ

貸金業者から和解の提案

長期延滞していると貸金業者側から減額や和解の提案がくることがあります。任意整理を弁護士に依頼する費用が浮いて尚且つ返済がしやすくなると感じてしまいます。しかし、本当に和解の提案にのったほうがよいのか、実は弁護士に任意整理を依頼した方がさらに借金を減らせるケースもあるので、まずは相談してみることです。

借金解消に向けて

説明

弁護士への相談について

急に現金が必要になった際は、迅速に融資を受けることが出来る銀行カードローンや消費者金融、信販会社のキャッシングは非常に便利なサービスです。一時的な遊興費や転職等に伴う生活費の補てんとしてカードローンやキャッシングを利用するという人も少なくないといわれています。しかし、簡単に利用できる半面、計画的に利用しないと借金額がいつの間にか膨らんでしまうといったリスクがあります。借金額が膨らんで、自力での関西の目処が立たない場合は、弁護士などの専門家に債務整理の相談をしてみるのがよいといわれています。債務整理には任意整理や個人再生、自己破産といった方法があります。任意整理は自己破産や個人さ再生と異なり、裁判所の手続きを経ずに個別の債権者との協議のみで成立するといったメリットがあります。しかし、任意整理を成立させるためには債権者の同意が必須になるため、経験豊富な弁護士に相談することが必要となります。自己破産をする場合でも裁判所への費用が必要となりますし、任意整理の場合も弁護士への成功報酬などが必要となります。裁判所への費用は分割払いはできませんが、弁護士費用については分割払いに対応してくれる弁護士事務所も多数あります。また、弁護士への相談費用については、自治体などが実施する無料法律相談を利用すれば、初回は相談料無料で相談することができます。一人だけで悩まずに、まずは一度弁護士に相談してみることをお勧めします。