費用をかけても任意整理する方が得【経験豊富な弁護士に相談】

一人でもできますが

ジャッジガベル

専門家依頼のメリット

法的に借金問題を解決することを債務整理といいますが、その手続きの中のひとつでもある任意整理は裁判所は関係ないので債権者である貸金業者と1対1の交渉によって借金を返済しやすくする手続きです。厳密にいえば法的手段ではありませんので、自分一人でも任意整理の手続きをしようと思えばできるのです。実際に弁護士や司法書士の力を借りずに行っている方はいます。費用をかけずに交渉をしています。しかし、貸金業者と任意整理で交渉するには多少知識がないと不利な条件で和解するケースもあるのです。個人で行う場合に大井のが、経過利息がカットされていないことです。和解日までの利息を含めて債務金額を確定し今後の金利がかからないようにするのです。今後の金利がかからないようにしましたと言われると、今後利息は発生しないことが分かってうれしいとなりますが、交渉までは何ヶ月もかかりその分の利息は払わなくてはならない、不利な条件に気付いていないいうこともあるのです。専門家に費用を払ってでも依頼するメリットは、この経過利息のカットです。和解日ではなく受任日までの利息にしているケースが多いです。任意整理の交渉は正式に弁護士が受任してから早くて3ヶ月はかかりますから、その間の利息をカットされるだけでも返済金額の大きな減額となります。もちろん、費用をかけたくないから経過利息のカットも自分で交渉するといっても、任意整理は強制ではないので貸金業者が応じる応じないは自由なのです。経過利息だけにこだわってると手続き期間が長期化、裁判になるとさらに費用がかかります。妥協も必要であり、専門家に依頼することで手続きもスムーズにいきます。