費用をかけても任意整理する方が得【経験豊富な弁護士に相談】

法的手段を使わず交渉

男性

交渉長期化が危険

貸金業者と直接交渉する任意整理の手続きは、法的手段を使わないので比較的費用もかからず短期間でできる最もオーソドックスな借金解決策です。任意整理の手続きをとる場合、借金を減額できる可能性はありますが、借金が自己破産のように全額なくなるわけではないので、借金を支払っていくだけの安定した収入がないと任意整理をしても意味がないのです。せっかく利息のカットと減額してもらってもその減額後の借金を支払っていくことができなければ、貸金業者から支払督促などの法的回収をされてしまうこともあるのです。まず、この手続きを利用する条件として1ヶ月の収入の中からどれぐらい返済にまわすことができるのかを確認することです。また、交渉で肝心なのは遅延損害金(経過利息)のカットです。将来利息はカットしてもらえますが、これまで延滞していらぶ期間の利息です。貸金業者側は経過利息のカットを渋る傾向にあり、元金プラス経過利息で債務額を確定しようとします。そこで経過利息もカットしてくださいといっても素直に応じてくれることは個人だと難しいです。ここは交渉力が必要になりますので、費用はかかりますが弁護士等の法律の専門家にお願いすることです。このまま交渉が長引いてしまうと、裁判手続きとなり最悪銀行口座を差し押さえられたりすることもあります。交渉においてはある程度の妥協は必要ですが、だからといって最初から経過利息カットをあきらめる必要はないです。長期化すると余計に費用がかかるので、個人で任意整理は難しいと感じたら相談費用無料の弁護士にお願いすることです。